Dr.Ben ashiya(ドクターベン芦屋):コスメ日記


このサイトを友人に紹介する お気に入りに追加

2009年10月06日(火)

コスメ開発物語:その3<モイストピュアゲル> [コスメ開発物語]

画像(130x87)

命を守るピンクの色素

コスメシリーズを開発していた6年前には、まだまだ抗酸化物質で、コスメに安定配合できる成分は、ビタミンCくらいしかありませんでした。
当時、スタッフからは、
「卞先生、乾燥がピタッと止まって、アンチエイジングに最適で、ニキビがスーッと治るコスメを作ってください!」
と、要望が上がっていました。

要するに
?赤ちゃんと同じような極上に皮脂膜を再現する
?抗酸化力の高い成分を?配合する
?ビタミンCを高濃度で浸透させる
ことです。

乾燥は、水分蒸散を防いでいる皮脂膜の劣化が原因です。
市販のコスメは、感覚的な改善だけを求めて、たくさんの保湿物質を配合しますが、皮脂膜を整えないので、結局は、塗り続けないと、乾燥します。
さらに、困ったことに、痩せた角質層へのひっつきを良くするために、健気に頑張っている、御自身のバリアを壊してしまう商品がほとんどであることです。

広告にある「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」は、皮膚本来のバリアを越えて、浸透することはできません。
すなわち、只、水分を保持するために、角質層の表面にひっつけるだけの目的で、配合されています。
ところが、メーカーは「錯覚商法」宜しく、いかにも、皮膚のコラーゲンが増えるような印象を、与えようと必死です。

本邦でも、有名な「○○○コラーゲン」のコスメで、一世風靡したメーカーの開発者のSドクターと、以前に「メディカルコスメ研究会」で、お話しさせていただいた時に、

S医師:「Ben先生のコスメは、無茶苦茶に高性能ですよね・・・日本一でしょう!」
Ben:「S先生のコスメのコラーゲンは、何の目的で配合しているのですか?」
S医師「うちの○○○コラーゲンは、ほとんど水ですよ、コラーゲンなんか吸収もされないし、イメージとして加えてあるだけですよ・・・」笑・笑・笑

でした。これが、事実です。
消費者は、完全に誤魔化されているのです・・・悲しいことです。

以下、いつもの
私、Ben(B)と、製造会社開発研究員(M)氏との会話

B:ベビースキンと同じ感触の<皮脂膜>を、再現することはできますか?
市販コスメのような、誤魔化しベタベタは絶対に嫌ですよ!
M:イメージ商法のような、コラーゲンや高分子タンパクで、誤魔化しのベタベタを避けて、天然植物オイルとセラミドなどの、皮膚本来の保湿物質を、丁寧に配合すれば、可能です。私も、一度でいいから、赤ちゃんのような、皮脂膜を再現したかったので、トライさせてください。
B:乳液ですから、脂溶性成分で、超高性能な新成分がありますか?
M:実は<アスタキサンチン>という抗酸化物質が注目されていますが、まだ、コスメには使用されていません。ビタミンEの10〜1000倍の抗酸化力があると研究されています。
B:本当に、今回の開発は、タイミングに恵まれましたね。アスタキサンチン配合しましょう!!!・・・で、なぜ10〜1000倍の開きがあるのですか?
M:ご推察通りに、品質がピンキリです。Ben先生は当然、最高級品質と言われると思いますので、<天然紅ザケ>から抽出された、アスタキサンチンが最高級品質です。鮭が産卵のために、川の浅瀬を、命をかけて遡るときに、紫外線や、激しい運動で酸化される自分と卵を、守るために産生する色素ですから・・・自然の恵みです。
B:<命がけで産生された、色素>ですか・・・感動ですね(涙)。最高級品質は、外せないコンセプトです。もちろん、たっぷり!!!で。
M:たっぷりは不可能です。この色素は、赤に近いピンクから、次第に、薄く色が変色します。色が分かるまで配合することは、タブーとされています。
B:色が薄くなるということは効力も下がるのですか?
M:抗酸化力自体は、100%から僅か4%下がるだけで、全く問題ないのですが、市販する商品で、色が変わるものは、あり得ないです・・・残念ですが。
B:効力が最高級品質を維持できるなら、それを使いましょう。天然の素晴らしい成分の色が変わることは、良い製品を求められる消費者の方には、十分に理解していただけると思います。僕のコンセプトどおりに、たっぷり限界まで高配合して下さい。
M:Ben先生は、本当に販売の素人ですね・・・タブー商品の製造は、工場が、OKしてくれませんよ!
B:全てのクレーム問題は、僕の方で受けますので、契約書に特記事項を加えて、何とか作ってもらって下さい。
M:常識では、アスタキサンチンを僅かだけ配合して、あとは、人工色素で、あたかも、天然のように見せかけるのが、メーカーの考えですけど・・・先生の非常識は、工場側も呆れながらも楽しみにしていますから、掛け合いましょう。
B:ビタミンCは、水溶性なので、脂溶性には?配合出来ないですね・・・?。実は、ニキビを治してあげたいので、細胞濃度を、上げたいのですが・・・
M:本当に、奇跡のタイミングですが、脂溶性ビタミンC誘導体を、世界ではじめてナノカプセル化した<NETーVCIP>が、開発されたところです。もちろん、まだ、製品には配合されたことはありません。正真正銘の<世界初>です。皮膚深部まで、高濃度で作用させられるので、ニキビには、もの凄い効果だと思います。
B:だからM氏のこと、僕、大好きです!!!それ、配合しましょう。
M:例のごとく、何十万円では販売しないですよね・・・???念のために。
B:愚問、愚問。サクサク作ってください!!(笑)

<モイストピュアゲル>
?赤ちゃんと同質の、サラサラ・スベスベの皮脂膜
?アンチエイジングに欠かせない抗酸化力を求めて、<鮭の命の色素>を高配合
?世界初で、わずか3〜5時間で皮膚深部に浸透するNETーVCIP配合

天然成分を色が出るまで配合するという、常識破りの<サーモンピンク>
世界中探しても、こんなに高性能な乳液はあり得ません。

もし、あれば、教えて欲しいです・・・・本当に。

Posted by Dr.Ben staff at 12時03分   パーマリンク

2009年09月05日(土)

コスメ開発物語:その2<ブライトエッセンス> [コスメ開発物語]

画像(180x117)・拡大画像(360x235)

天然甘草フラボノイド

主成分の<甘草フラボノイド>は、4000年以上も前から「生薬の王」とも呼ばれ
抗酸化作用
活性酸素消去作用
美白作用
抗炎症・鎮静作用
抗菌作用
など・・・
アンチエイジングには、欠かせない作用が実証されています。

もちろん、僕のコスメには、
最新の<ビタミンC誘導体>は外せません。
さらに、某化粧品メーカーが自慢の、50000円もする、美容液の主成分である
<加水分解酵母エキス>
も、有効と認めて、たっぷり配合しました。

何よりも、テクスチャーは、
「もちもち感」のあるものとして、目元の小じわなどに、ポイント使用出来るように調整しました。

以下、前回につづき、
私、Ben(B)と、製造会社開発研究員(M)氏との会話

B:美容液には、甘草フラボノイドを、たっぷり高配合したいのですが・・・例えば、沈殿限界まで、出来るだけ濃くしたいのです。
M:限界?沈殿?ですか・・???化学反応じゃあるまいし、化粧品の成分に、そんな配合方法ありませんよ。むちゃくちゃですよ!
B:だから、僕は、一般メーカーの配合方法に興味はありません。「むちゃくちゃ」なんて言われると、嬉しくなりますよ。高配合は有効なんですか?それとも、悪いことなんですか?
M:良いですね、でも、たっぷり入れるなら、廉価のものにしますか?
B:もちろん、最高級品を使いたいですが!
M:甘草フラボノイドは、1kgあたり、30万円くらいから150万円くらいまで、の品質差がありますが、最高級品を、限界濃度まで、使用したら、偉いコストになりますよ・・・いつもながら余計なことかも知れませんが、一流メーカーでも、耳かきで、ちょこっと程度で、とにかく、配合事実のためにだけ、微量入れるだけですよ。
B:あの〜〜いつもの余計な話はいいですから、限界濃度まで配合したら、何か、不都合ありますか?
M:甘草フラボノイドに関して言うと、濃ければ濃いほど、素晴らしい作用が、現実に発揮されるので、もちろん、理想的な美容液になります。
B:国産最高の美容液として50000円もする、S社のヤツに配合してある<加水分解酵母エキス>も、入れたいのですが、少なくともS社の10倍以上の濃度で!!!。最新のビタミンC誘導体はもちろん5%ですよ。安定処方出来そうですか?
M:やっぱり、むちゃくちゃですよ!。この成分配合なら、上代30万円に設定しないと、他のメーカーの製品とバランスがとれませんが、それくらいで、売りますか?
B:何度、同じ説明をさせるのですか?。儲けは度外視!トントンで、コストを決めたら良いでしょう!!!ドクターベンは、世界で最高性能のコスメを作る会社ですよ!!!
成分と、実際の効果が、問題です。使っていて、明らかに改善しないような、水みたいなコスメは要らないです。
M:気になるのは、甘草フラボノイドを、高濃度にすると、茶色の成分の色が、はっきり出ますが、茶色の美容液で、よろしいのですか?
B:茶色でも、ピンクでも、有効成分の色なら、むしろウェルカムではないですか!他の、いかなるメーカーも絶対に作り得ない製品が、ドクターベンの使命ですから。
M:むちゃくちゃついでに、当社の秘蔵成分「ヒマラヤンラズベリー」も配合していいですか?通常なら、この成分だけで美容液ができてしまいますが・・・・
B:だんだん僕の考えが分かってきてくれましたね!大いに結構、配合しましょう。もちろん、たっぷりですよ!

以上が、開発のやり取りです。

甘草フラボノイドをはじめ、天然由来成分の持つ、良いところを、余すところなく発揮させた。
ブライトエッセンス
有効成分の濃度は、一流メーカー品と比べて、最低でも10倍から50倍あります。
メーカーから市販されれば、間違いなく30万円以上の製品です。
「むちゃくちゃ贅沢なコスメです」
工場長からも、そのように言われました。

市販で、これ以上の、美容液があれば、教えてもらいたい!!
のが本音です。
使用して2週間以内に、肌の若返り改善は、必ず分かってもらえます。

トライアルセット
にも、入ってますので、是非、今、御使用のものと<ガチンコ>で比べてみて下さい。

むちゃくちゃなコスメの開発物語は、続きます・・・・

Posted by Dr.Ben staff at 13時54分   パーマリンク

2009年06月30日(火)

コスメ開発物語:その1<サンプロテクトミルク> [コスメ開発物語]

画像(130x97)

老化光線が・・・・

皆様、こんにちは。
コスメ開発責任者の、ドクターベン こと 卞 勝人(べん かつひと)です。

これから、数回にわたり、現行のコスメシリーズの開発に関するエピソードを御紹介させていただきます。

第1回目は<サンプロテクトミルク>です

日焼け止めというと、「紫外線対策には必要だけど、肌に良くない・・・」イメージがあります。

事実、紫外線吸収剤を使用した製品は、実際に紫外線を吸収して、化学変化を起こした、成分が、肌荒れの原因になってしまいます。

肌を守るために使用するものが、肌をいためてしまう・・・???

それじゃ、悪者の紫外線吸収剤を使用しないで、紫外線散乱剤を増量したら・・・
実生活で有用なSPF25以上を、求めると、必要な散乱剤の量が増えすぎて、「真っ白け」の白浮きをしてしまい、使い物になりません。

さらに、いくらSPFやPAの性能を上げても、紫外線の害を100%ブロックすることはできない。
通過した紫外線で、確実に皮膚はダメージを受けている・・・
ブロックだけでは不十分で、修復機能を持たせなければ「片手落ち」になる。


?成分化学変化のダメージ
?散乱剤増量による白浮き
?通過した紫外線によるダメージ

これらの問題点を解決することが、ドクターベンに与えられた、ミッションでした。

以下、
私、Ben(B)と製造会社開発研究員(M)氏との会話

B:まず、単純に、品質の良い、乳液をベースにつくればいいじゃないですか。
M:乳液成分にサンプロテクトの機能をプラスしたら、単純に足し算で2倍(2製品分)の原価コストになりますので、業界では、考えないことです。
B:あの・・・僕、業界の人間ではありません。最高品質のコスメをつくりたいだけです。技術的に可能かどうかを知りたいだけです。
M:高品質乳液ベースにサンプロテクトを加えるのは可能です。

B:散乱剤の「白浮き」を解消する方法は?
M:開発されたばかりで、来年3月に発売の、最新成分「マックスライト」という成分は、散乱剤をナノテクノロジーで、ガラスコーティングしてあり、皮膚に無害です。その粒子が、他製品と比べものにならないほど微細なので、SPF30、PA++まであげても「白浮き」しません。まだ、発売前で、実際の製品に使用されていないほど、最先端技術成分です。
B:それは、ラッキーな時期に、開発されたものですね。運命です。それ、使用しましょう。
M:最新で、かつ「特許」成分なので、パテントのコストが高く、誰も、手を出していないのが事実です。これだけで、さらに原価が2倍になりますよ・・・業界では、コストが上がることは、たとえ、それが素晴らしい成分でも採用しませんが・・・コストを押さえるのが常識です。
B:僕、業界の常識には全く興味ありません。最高品質のコスメをつくりたいので、「マックスライト」、採用して下さい。
M:新成分の、はじめての製品化なので、ワクワクします。
B:通過した紫外線のダメージを修復する機能は、ビタミンCとビタミンEがベストでしょう。ビタミンCは、最高品質の「誘導体」を実用最高濃度5%で使用しましょう。
M:あの、御言葉ですが、乳液ベースにマックスライト・・・それだけで、最高に贅沢な製品ですが、さらに、VC誘導体を5%ですか?
市場では、あり得ない、製品になりますが・・・?
大手メーカーが、同じレシピで販売するなら、価格20000円は超えると思います。無茶苦茶な話になりますが・・・?
B:僕には、いっこうに無茶苦茶な話ではありません。メーカーのように、利益を上げるために開発しているのではないので・・・販売価格も原価ギリギリまで下げたらいいので、宜しく!!!
M:こんなに贅沢な製品を、つくったことがはありませんが、素晴らしいものが出来上がると思います。ワクワクしてきました。でも、当然10000円以上で販売されるのですよね・・・?
B:あの、だから・・・儲けは度外視と言ってるでしょう!(笑)
M:消費者の方は、これほどの性能があることを、価格からでは、判断できないので、もったいないですよ・・・9000円くらいにはしないと!
B:あの〜、その口、塞いでもいいですか?(笑)

以上が、開発エピソードです。

乳液として、肌を守り、下地として役に立つ。
超低刺激なのに、十分な紫外線ブロック性能をもち、なおかつ、「白浮き」しない。
通過した紫外線によるダメージを「修復」する、贅沢成分を配合

メイクをしたくない時も、これだけでOK。

この、サンプロテクトミルクを使用しない、理由が、僕にはみつかりません。
他社の製品で、同じ機能・性能を有するものを、見たことがありません。

日本中、いや、世界中の人の、肌を、健やかに紫外線から守りたい・・・
願いは、それだけです。

早速、お試しいただきたいです

Posted by Dr.Ben staff at 11時17分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

9

2019


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PHOTO

潤い度アップ! CMグルカン配合 新P-Cubeクリーム  

潤い度アップ! CMグルカン配合 新P-Cubeクリーム  

NEW ナチュラルローション 発売開始です

NEW ナチュラルローション 発売開始です

紫外線が怖〜い季節に〜安心して楽しめるアイテム

紫外線が怖〜い季節に〜安心して楽しめるアイテム

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Dr.Ben ashiya All rights reserved.