Dr.Ben ashiya(ドクターベン芦屋):コスメ日記


このサイトを友人に紹介する お気に入りに追加

2015年01月26日(月)

「冬でも油断できない紫外線」 [スタッフコラム]

画像(239x320)・拡大画像(283x378)

ゲストの皆様、こんにちは。
まだまだ寒い日は続きますが、紫外線のお話です。

まず日焼け止めを選ぶ時に『SPF』と『PA』を見ると思いますが

どんな意味かご存知ですか?

≪SPFとは≫

UVBを防ぐ数値です。
【肌表面に炎症を起こして「日焼け」させる紫外線】
SPF1で大体20分ぐらい紫外線から守ります。


≪PAとは≫
+はUVAから守る数値です。
【光老化(しみ・しわ・たるみなど)の原因を作る紫外線】
PA+    ちょっとそこまで…ぐらいの近所に外出程度の生活紫外線から守る。
PA++   運動せずに過ごす日中紫外線から守る。
PA+++  海や山・スポーツ時などのレジャー紫外線から守る。
PA++++ PA+++より非常にしっかり守る。
このSPFやPAの表示がないものは、一般的にはSPF値が低いものが多いそうです。


そしてSPF値が高すぎたりウォータープルーフタイプだと
落ちにくかったりしっかり紫外線からは守ってくれますが、
肌にも大なり小なり負担はかかってしまいます。

特にウォータープルーフタイプは専用のクレンジングが必要だったりもします。


そしてお手持ちの日焼け止めの使用期限は大丈夫でしょうか?
特に製造日の表示がなければ、一般的には未開封で3年
開封後で半年〜1年といわれてます。



ちなみにドクターベンの場合。


◆サンプロテクトミルク SPF30・PA++

◆UOMO UVブロッカー SPF45・PA++


どちらも肌に負担をかけ過ぎない数値でしっかりUVケアが出来ます。
そしてどちらも洗顔だけで落とせます。

未開封で1年以内、開封したら3〜4ケ月位で使い切って下さい。

まだお使い頂いたことのないゲスト様は
是非今年のサンカット剤に使ってみて下さい。

Posted by Dr.Ben staff at 13時46分

トラックバック

トラックバックURL

http://www.dr-ben.com/blog/tb.php?ID=187

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2015


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PHOTO

【Dr Ben】PPPローション配合成分

【Dr Ben】PPPローション配合成分

【ゲストの嬉しいお声】

【ゲストの嬉しいお声】

「いいね!!キャンペーン」

「いいね!!キャンペーン」

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Dr.Ben ashiya All rights reserved.